痛みや内出血をはじめ打ち過ぎのリスクも回避する施術先の選び方と、繰り返し治療を受ける時の注意ポイント

理想の自分に近づこう

医者と看護師

信頼できる医師による施術を受けよう

ボトックスは気軽に利用できる美容医療として人気を集めていますが、自由診療なので医療機関ごとに料金が違います。額や口元のしわ取りは1万円から2万円と比較的安い料金設定となっていますが、鼻やあごのしわ取りは3万円から5万円となっています。この料金の差は、施術の難易度もありますが、使用する薬剤の種類によるものが多くを占めています。ボトックスの薬剤は国が認める美容業界では数少ない承認薬ですが、一般的にアラガン社製のものが最も信頼性が高く確実な効果が期待できるとされています。その他にも格安な料金で使用できる薬剤がいくつも販売されていますが、どれも副作用があったり思うような効果が得られないことがあるので注意が必要です。さらに適切な薬剤の量や注射部位を判断しなければ、希望通りの表情とはなりません。理想的な顔の表情になるためにも、経験豊富な実績のある医師による施術を受けましょう。特にボトックス注入指導医なら、副作用の心配もなく満足のいく結果が得られます。

ボトックスは同じ目的で行われる施術方法と比べ、副作用とダウンタイムが少ないので周囲の人に気づかれずに済ませることができます。しかしごく稀に皮下出血を生じてしまうことがあります。もし日頃から消炎鎮痛剤やビタミンE剤を服用している場合は、出血しやすいのであらかじめ医師に伝えておきましょう。このような副作用は短期間で消失するので、それ程心配する必要はありません。そしてボトックスの効果は顔のしわ取りだけでなく、ふくらはぎや太ももの痩身効果も得られます。いくらダイエットをしても下半身が痩せないと悩んでいた人でも、スリムな美脚になることが期待できます。さらに汗の量が多く、衣服を濡らしてしまう多汗症の治療にも利用できます。多汗症とはアセチルコリンという神経伝達物質が発汗を促す指令を伝えた結果によるものです。この神経伝達物質をボトックスにより遮断してしまうことで症状を改善させます。ボトックスを受ければ、満員電車の中でも汗の臭いで周囲に気遣う必要がないので安心です。

Copyright© 2019 痛みや内出血をはじめ打ち過ぎのリスクも回避する施術先の選び方と、繰り返し治療を受ける時の注意ポイント All Rights Reserved.